フランスの大学授業料もう無料とはいえなくなるなぁ【悲報?】

フランスの大学授業料もう無料とはいえなくなるなぁ【悲報?】

こんにちは、

11月19日にフランスの首相が非ヨーロッパ留学生への学部、修士などの大学費用の値上げをするという発言をされました。

参考ソース1 参考ソース2

これまでの費用

いままでは外国人留学生にもフランス人学生を同様の学費しかかからなく、フランスで大学生活をする留学生にとってはとてもありがたいものでした。学費というのは、大学登録料、施設利用費のようなもので、授業料とよぶべきかわかりませんが(翻訳的には授業料扱い?)、年間で学部は170€、修士で243€+保険料200€ほどだけかかります。日本円で年間5-6万円(1€:130円と仮定)で学生できると考えると、日本の学費と比べてほぼ無料といっていいくらい非常に安く済みます。(語学留学生のケースではありません)

これからの費用

しかし、今回のこの発言で、2019年からの学費が、

  • 学部課程は170€→2770€
  • 修士課程は243€→3770€

と大幅に値上げして、日本円にして年間約40-50万と考えると日本の国立大学と同じくらいの費用となってしまい、日本で学べるような分野に行く利点があまり感じられなくなってしまいました。

過去の情報から学費無料と知ってフランスの大学に行こうとする方々、気をつけてください。(そういう方はそんな多くはないと思いますが)

それから、フランス政府は現在30万人ちょいほどいる留学生を2027年までに50万人にあげたいそうです。フランスに来る多くの留学生はアフリカ大陸からというイメージがあり、大半の方はお世辞にもお金持ちとはいえないでしょうが、どのようにそれだけの顧客を集めるのでしょうか。。。w(もちろん特定の条件で非返済奨学金はありますが)

一応注意書きとして、ここに書いた内容は正規留学生のことを指し、語学留学や交換留学のことは考慮してないです。語学留学はどのみちそれなりにお金かかりますし、交換留学は大学間でルールあるのでそれに依りますね。

その他

2012年にスウェーデンが外国人の学費を有料にしまして、その年は留学生数がガクッと落ちたようですが、それからは順々と人数を以前と変わりないくらいまで伸ばしてるみたいですね。

ヨーロッパではあとドイツ(一部州除く?)、フィンランドくらいが学費無料を続けていますね。

個人的にフィンランドに興味引かれます。機会があれば住んでみたいです。

ではでは

フランスカテゴリの最新記事